株式会社ホームサポート

0952-71-0842

〒840-0004 佐賀県佐賀市蓮池町小松308-1

営業時間 / 10:00〜18:00

blog

「箱型階段」と「スケルトン階段」 選び方のポイントをご紹介!

スタッフブログ

2021/05/25 「箱型階段」と「スケルトン階段」 選び方のポイントをご紹介!

こんにちは!
ホームサポートの広報担当です。

 

階段は、設置場所や種類、素材によって空間の雰囲気がガラリと変わります。今回は、ホームサポートでご要望が多い「箱型階段」と「スケルトン階段」のそれぞれの魅力と選び方のポイントをご紹介します。

 

実用性重視の方におすすめ! 「箱型階段」

箱型階段とは、「踏み板」と踏み板に対して垂直に置かれた「蹴上げ」で構成された箱状の階段のこと。昔からよく見かける最もポピュラーな階段です。
安定感のある階段なので、階段下のデッドスペースを収納やスタディスペースとして活用するなど、空間を有効に利用できます。実用性を重視したい方に人気の階段です。

 

玄関やトイレなどの近くにあるホール階段なら、洗剤やトイレットペーパーなどの日用品、掃除機、季節家電の収納場所に。LDKにあるリビング階段ならリビング収納として便利です。リビングは書類や文房具、雑誌など、何かとモノが増えがちな場所。リビング収納を作ることで、いつもすっきりとしたLDKをキープしやすくなります。

 

デザイン性重視の方におすすめ! 「スケルトン階段」

スケルトン階段は蹴上げがなく、踏み板の下がオープンになった階段のこと。箱型階段に比べて見た目が軽くなり、空間に広がりが出るのが魅力です。踏み板と踏み板の間に隙間ができるので、窓が設置できない場合も光を落とし込むので明るい空間になります。

 

また、リビング階段の場合は階段の上下空間の広さをリビングに取り込めるのもポイント。オシャレな見た目が空間のアクセントになり、デザイン性も楽しめます。スケルトン階段の下は、テレビを置くスペースや魅せる収納スペースとして使うことも可能です。
ただし、箱型階段に比べてコストが高くなることや、お子様がいる場合は落下防止の配慮が必要なことなど、注意点もあります。

 

階段は、1階と2階を繋げるためのものですが、最近は機能性やデザイン性も重視されるようになってきています。間取りにも大きく影響を与えますので、ポイントを押さえながらご家族の暮らしに合った階段を取り入れたいですね。

 

 


 

「月々3万円」で納得品質の家が建つ!佐賀の新築一戸建て【ホームサポート】
1円でも無駄をカットする独自の施工管理により最高のコスパを実現。
各分野の専門スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます!

 

 


 

TOP