株式会社ホームサポート

0952-71-0842

〒840-0004 佐賀県佐賀市蓮池町小松308-1

営業時間 / 10:00〜18:00

blog

スキップフロアのメリット・デメリット

スタッフブログ

2021/05/06 スキップフロアのメリット・デメリット

こんにちは!
ホームサポートの広報担当です。

アクティブでおもしろい空間が作れるスキップフロアは、ホームサポートでも人気のスペースの1つ。多目的に使えるのも魅力ですが、注意点もいくつかあります。今回は、スキップフロアのメリット・デメリットをご紹介します!

 

スキップフロアのメリット

スキップフロアとは、1つの空間の中に作った中二階のスペース。同じ空間にありながら他のスペースとは区切られているので、部屋数を増やしたいときにもおすすめです。

 

◎プラスαのスペースができる
スキップフロアは、スタディスペースや書斎としても人気です。テレワークも増えてきた今、個室のように集中できる空間です。休日はお子様の遊び場にもなり、家族共有で使えるスペースです。また、スキップフロアの下部を収納としても使えます。

 

◎広く見える

段差のあるスキップフロアは、視点が変わるため実際の面積よりも広く見えます。吹き抜けや勾配天井を活かしたスキップフロアなら、LDK空間の開放感も増します。平屋であっても2階のような空間を楽しめます。

 

◎家族との繋がりを感じられる
LDKに面したスキップフロアは、家族の気配を感じられるのもポイント。スタディスペースならキッチンで家事しながらお子様に目が届き、書斎やワークスペースならリビングにいるお子様に目が届きます。お子様と目線を合わせられて、家族の繋がりを感じられます。

 

スキップフロアのデメリット

 

◎コストが高くなる
スキップフロアを作るには、天井高を上げたり、段差を作るなど、一般的なおうちよりも材料や手間がかかるため、コストが高くなってしまいます。

 

◎冷暖房効率に影響する
壁で仕切らない広い空間になるため、冷暖房効率が悪くなってしまう可能性があります。断熱材や断熱サッシなどに配慮することが大切です。自由設計のフリーエは、高性能な吹き付けタイプの断熱材が標準仕様なので、スキップフロアを作るときにも安心です!

 

◎ロボット掃除機が使えない
最近はロボット掃除機を活用する方も増えてきましたが、段差がある空間では使うことができません。掃除の手間が増えてしまうこともデメリットの1つかもしれません。

 

メリット、デメリットをきちんと把握した上で、賢い家づくりをしたいですよね。
ホームサポートは建物のコストが安いので、スキップフロアのような+αの空間も作りやすいと好評です。
見学会は毎月開催していますので、ぜひお越しください!

 

 


 

「月々3万円」で納得品質の家が建つ!佐賀の新築一戸建て【ホームサポート】
1円でも無駄をカットする独自の施工管理により最高のコスパを実現。
各分野の専門スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます!

 

 


 

TOP