株式会社ホームサポート

0952-71-0842

〒840-0004 佐賀県佐賀市蓮池町小松308-1

営業時間 / 10:00〜18:00

blog

コロナ禍で変わる家づくりのポイント

スタッフブログ

2021/04/13 コロナ禍で変わる家づくりのポイント

こんにちは!
ホームサポートの広報担当です。

 

新型コロナウイルスの影響を受けて、ホームサポートでも新しい家づくりをご提案しています。今回は、コロナ禍で変わりつつある家づくりのポイントをご紹介します!

 

①感染を防ぐ間取り:「手洗い」と「換気」

 

ウイルス対策で特に大切なのは、「手洗い」と「換気」。帰宅後すぐにウイルス除去ができるように、玄関ホールから近い場所に「手洗い場」を設置。洗面脱衣室や浴室も近くにまとめておけば、着替えまで完了! 玄関から手洗いが目に入る間取りの場合は、オシャレな照明や鏡、タイルなどを取り入れてデザイン性を高く、または建具で目隠しをするのがおすすめです。

 

また、換気システムでの換気以外にも、窓から風が抜けるように設計することも大切です。たとえば窓は通常は一面のところを二面にして風通しを良くしたり、サイズを調整するなど、十分な換気ができるように工夫しています。

 

②万が一の感染に備える:2箇所以上にトイレを設置

 

万が一の場合に備えてトイレを2カ所以上設置することで接触リスクを抑えられます。2階建ての場合は、1階と2階にトイレを設置することでリスクの分散が可能に。
普段使いでも、使う人が重なる朝の時間帯や就寝前に、家族間での混雑を避けることができます。また、来客の際にもお客様とのすれ違いに配慮できるおすすめの間取りです。

 

③おうち時間を充実させるスペース:食料用のストックルーム

 

新型コロナウイルスの影響によって、家で料理を楽しむ方や食料のストックを置く方が増加。ところが、その置き場に困っているというお声も聞こえてくるようになりました。パントリーやキッチン横のストックルームは、乾物や粉物、お菓子の材料など、コロナ禍ならではの食料品もたっぷり収納できます。非常時に備えた食料品や防災グッズを置いておく場所としても便利です。

 

 

“より快適に、家で過ごす時間を少しでも楽しめるように”
そんな想いを込めて仕様を充実させた「cooking house」や「working house」もありますので、ぜひご相談ください!
それぞれのご要望に合わせて間取りをご提案いたします。

 

▼Cooking Houseとは
https://homesaport-kenchiku.com/blog/7454/

 

▼Working Houseとは
https://homesaport-kenchiku.com/blog/7589/

 


 

「月々3万円」で納得品質の家が建つ!佐賀の新築一戸建て【ホームサポート】
1円でも無駄をカットする独自の施工管理により最高のコスパを実現。
各分野の専門スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます!

 

 


 

TOP