株式会社ホームサポート

0952-71-0842

〒840-0004 佐賀県佐賀市蓮池町小松308-1

営業時間 / 10:00〜18:00

blog

子ども部屋を作るときに考えておきたいこと

スタッフブログ

2021/02/23 子ども部屋を作るときに考えておきたいこと

こんにちは!

ホームサポートの広報担当です。

 

子ども部屋を考えるときは、子どもの成長によるライフスタイルの変化まで考慮しておくことがおすすめです。今回は、子ども部屋を作るときに考えておきたいポイントをお伝えします。

 

広い個室が叶うローハウス

 

低価格でマイホームが建てられる「Lo-Haus(ローハウス)」は、約100種類の豊富なバリエーションの中からお好きな間取りを選べます。子ども部屋は多くのプランで6帖以上! 子どもが2人の場合、それぞれに個室を持たせてあげられる4LDKの間取りも多くあります。

 

可変性の間取りもOKなフリーエ

 

自由に間取りを設計できる「Free-iE(フリーエ)」は、子ども部屋も自由自在! 「男の子2人」または「女の子2人」の場合におすすめなのが、可変性のある子ども部屋にしておくこと。1つの大きな部屋に扉、収納、照明など必要なものをあらかじめ2つずつ作っておいて、個室が必要な時期に部屋を2つに分けます。お子様が小さいうちは1つの大きな部屋として広い遊び場にも家族で寝られる寝室にも使えます!

 

スタディスペースをどこに置くか

 

最近は、LDKで勉強をする「リビングスタディ」が一般的になってきました。キッチンに立ちながら子どもの勉強に目が届くだけでなく、適度な生活音の中での勉強が子どもの集中力をアップさせるとも言われています。

また、家族共有のカウンタースペースにもなり、PCスペースやちょっとした作業スペースとしても活躍します! 家族の新たなコミュニケーションの場にもなりそうです。

 

子どもが巣立ったあとの活用法

いずれ子どもが巣立ったら子ども部屋は空き部屋になります。子ども部屋を作るときには、子どもが巣立ったあとの活用法まで考えておくといいと思います。クロスや建具といったアイテムを子どもに合わせたデザインにしがちですが、将来性まで考えて選んでおくと失敗がありません。書斎や趣味の部屋、収納スペースなど多目的に使えるように計画しておくのがおすすめです。

 

 

広い子ども部屋が持てるのは戸建ての醍醐味。せっかくなら長く快適に使える部屋にしておきたいですよね!

たくさんの事例もご紹介できますので、お気軽にご相談ください!

 

 


 

「月々3万円」で納得品質の家が建つ!佐賀の新築一戸建て【ホームサポート】
1円でも無駄をカットする独自の施工管理により最高のコスパを実現。
各分野の専門スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます!

 

 


 

TOP