株式会社ホームサポート

0952-71-0842

〒840-0004 佐賀県佐賀市蓮池町小松308-1

営業時間 / 10:00〜18:00

blog

【べっさんのブログ】家づくりで失敗しないために(後半戦)

スタッフブログ

2019/12/24 【べっさんのブログ】家づくりで失敗しないために(後半戦)

こんにちは。ホームサポートのべっさんです。

 

冒頭は揃えておいた方がいいですね。ちなみに、前半戦はこちら。

 

【べっさんのブログ】家づくりで失敗しないために

前回のおうちの話の続きをしたいと思います。

 

おうちのプランを考える上で、施主様側の最大の関心事は

 

「間取り(プラン)」

 

ですよね。

 

新居での生活シーンを想定しながら考えるにしても実物もなければ、基準もない状態です。

だから、ホームサポートのハウスアドバイザーがいるわけで、たくさんの家を建ててきた経験とノウハウでもって、お客様のおうちのアドバイスをさせていただいております。

 

今回は9個(10個)のポイントから、失敗しない家づくり、プランニングの際に施主様にも考えていただくことで、より良い家づくりをしていくためのお話をさせていただければと思います。

 

・広さ

・動線

・電気配線

・明るさ

↑ 前回はここまで。

 

・収納

・視線

・音

・吹き抜け

・優先順位と予算

↑今回はこちらのお話を。

 

多いですが、お付き合いのほどを

 

 

 収納 

 

 

「インド 列車 満員」の画像検索結果

▲多分…千人乗っても大丈夫!? 良い子のみんなはマネしちゃダメだぞ!

 

 

収納の問題も、前半戦しょっぱなの「広さ」の問題と同様、必ずしも「収納力・収納スペースの広さ」だけが問題になるわけではありません。

 

片付けや整理整頓がされていないというのは、広さ以外だと

 

・片づけるのが面倒であちこちにモノが散らかっている

・スペースはあっても、片づける場所まで遠すぎる

・せっかく片づけたけど、しまう場所が奥まったところで出しづらい

 

などこんな悩みではないでしょうか?

だから、これはたとえば

 

倉庫並みの広さの収納スペースが一か所だけ、玄関をでて徒歩3分のところにある

 

というような「こんな収納は嫌だ!」に出てきそうな仕様ではいけないのです。

 

大事なのは「広いこと」ではありません。

 

「適材適所・適度な大きさと機能」

 

が大事なのです。

 

衣服や収納する道具や消耗品などの量や片づける場所などを生活動線や、使う場所、頻度、時期(季節)、大きさなどを考え、どこにどのくらいの収納があれば片づけやすく、出しやすいのかを考えると良いようです。

 

もちろん、四次元ポケットではありませんので、物が増えることも考慮し、不要なものは人にあげるなり、売るなり、捨てるなりすることも大事です。

 

…と誰より何より自分に言い聞かせたいナリよ。

 

 

 

 視線 

 

「目からビーム 吉田」の画像検索結果

▲霊長類最強女子は視線もすごい!

 

「もっと光をぉぉ」とか言っていた時にも出ましたが、視線に関しての失敗は明るさ(採光)の失敗にも関係しています。

 

視線でありうる失敗としては…

・家族同士のプライバシー

・外から丸見え

・来客時のお客様

・宅配便など玄関でのやりとり

・目からビームが出る人がいる(見たことや聞いたことはない)

 

…といったあたりですが、これに関しては、間取りだけの問題ではなくシチュエーション…たとえば

 

平日・休日、朝・昼・夜といった「時間」

立地(お隣さんの窓や周りの道路)「環境」

 

も考慮に入れると良いようです。プランを考えるときにはいろんな要素を盛り込んで考えていくので、そこだけ突き詰めていくというのはバランスを取りながらやっていかないといけませんが、このあたりを想定した間取りと開口部を計画するのが良いと思います。

 

 

 

 音 

 

「ジャイアン」の画像検索結果

僕らの心の友 きれいなジャイアンは声もきれいなのだろうか…

 

 

上の画像を考えるのに一番悩みました。

 

アパートやマンションでは一番の近所トラブルとなるファクター(加害者にも被害者にもなる)なのが音の問題。

一戸建てを持つことで「ご近所トラブルとしての」音の問題はほぼ解消されますが、家族間での音の問題は残ってしまいます。

 

当然、上の階でのドタバタは下の階に響きます。

当然、下の階のたとえば洗濯機の音は上の階まで届きます。

 

これも生活動線やライフスタイルから考える必要がありますが…たとえば2階に子ども部屋を設けるならば、夜中に使うことが少ないLDKの上に配置したり、洗濯機や給湯器、食洗器などの動作音が気になる設備がある場所は寝室やリビングから離すようにするといった計画を立てると良いかと思います。

 

来客動線、衛生動線ともつながりますが、あとは、リビングとトイレを併設しないとか。

 

また、距離的に離すこともいいですし、隣の部屋の音が気になるというようであれば、例えば部屋と部屋の間に収納を設けるといった方法もあると思います。

 

そして、交通量の多い道路であれば、外の車の音や人の声、近くに工場など大きな音をだす施設がある場合なんかも気になる部分として挙げられると思います。

 

これについては、気密性・断熱性を向上させるようにすると、防音性・遮音性UPの効果も期待ができます。

 

ちなみに、ホームサポートの「Free-iE」では標準でアクアフォームという環境にもやさしい、水から生まれた高機能なウレタンフォーム断熱材を使っていて、これが高い防音・遮音性能も持っています。

Lo-Hausではオプションとなります。

宣伝をしてしまった笑

 

 

 

 吹き抜け 

 

「世界一の吹き抜け」の画像検索結果

▲世界一の吹き抜け 上海のグランドハイアット

 

 

こんな吹き抜けの家だったら、冷暖房が効くまで何日かかることやら笑

 

スペースを有効活用して、居住空間に解放感を持たせるには、廊下などの無駄なスペースを極力減らし、居室を広く計画することと、上海のグランドハイアットとまではいかなくても、天井を高くしたり、吹き抜けを設けることが多いです。

 

ただ、吹き抜けを採用すると、エアコンの効率が悪くなり、(だいぶ良くなったとはいえ)光熱費が増えたり、採光部分も多くなると思うので外部の影響もそれなりにあり「夏暑く冬寒い」ということになりやすいです。

 

吹き抜けのメリットは大きいと思いますが、物理的に発生せざるを得ないデメリットをできる限り減らすためには…

 

断熱性能と機密性能

 

がカギとなってきます。ちなみに、ホームサポートの「Free-iE」では標準でアクアフォームという…(以下略)

 

 

 

 

 優先順位と予算 

 

「お金 盲目」の画像検索結果

▲お金は人を盲目にします

 

 

と、前半後半、2回に分けてお話ししましたが、いかがでしたか?

詳しい話はウチのハウスアドバイザーにご相談をしてみてください。今回付け焼刃な僕よりもっと現場からの実践的な視点でおうちづくりを親身にサポートいたします。

 

最後にここまでお話をいたしましたが…気を付けてほしいことがあります。

これはこの社会の真理と言えることなのですが…

 

何をするにもお金がかかっています。かかります。

 

家づくりにおいては

「希望はまず出せるだけ出す」

ことが最初に絶対に必要です。

これはムリじゃないか?と思うようなことでも。

「悩み」の視点から考えるのも良いと思います。理由があると相談の時にすごくやりやすいです。

 

例えば収納も…

 

広い収納が欲しいのではなくて、きちんと物を片づけて、整理整頓がしたい

物はそんなに多くないのに、片付けができなくていつも散らかっている

 

といった感じの想いや悩みがあると、広い収納を設けるべきか、分散して収納を設けるべきかなど提案する側もよりお客様に寄り添ったご提案ができます。

 

あ、希望を考える際はお金のことはまだ考えなくていいですよ。

 

 

 

そして、次に

「自分たちは月にいくら支払っていけるだろうか」

を絶対に考えなくてはいけません。

今の自分たちの収入、支出を棚卸しましょう。

支出を減らせそうなところは無理のない範囲で節約してみるのも面白いかも。

ここでは「家づくりの希望」はおいておきましょう。

 

せっかく家を建てても住宅ローンの支払いで全然幸せになっていない(新居が足かせになっている)ご家族様をたくさん見ています。

(もちろんウチではありませんよ)

ホームサポートでは、建てた後のお客様が幸せに楽しく暮らせるようにおうちの提案をさせていただいております。

 

 

 

 

次に、予算は置いておいて…

優先順位を考えましょう!

 

新しい家でどんな暮らしをしたいのか?

どんな家に住みたいのか?

 

そうしていくことで、プランニングでどういうところに気を付けていけばいいのかが見えてきます。

 

そして、希望を叶えるには原則どのメーカーでもそうですが「絶対にお金がかかります」

 

だから、予算に限りがあり、無理なく支払える金額を超えるようであればあきらめざるを得ない部分がどうしても出てきます。

だから、(優先)順位を決めて、下位のものを削ることを想定する必要があります。

 

優先順位を決めずに盲目的にあれもこれもとなると、お金はかかるばかりですし、かえって家づくりが迷走してしまいます。

 

 

 

そして、いろんな住宅メーカーに相談されてみてください。

できればホームサポートもその相談先の一つに入れてくださればうれしいです。

 

ホームサポートでは、お客様が無理なく支払っていけるように、いろいろな視点からお話をお伺いして、提案をさせていただいております。

 

おうちについての希望

無理なく支払えるのは毎月いくらなのか

どういった暮らしをしたいのか

優先順位(特にこだわりたいところ)

 

をぜひぜひお聞かせください。

 

家づくりのプロとしてお客様に最適なご提案をできたらと思いますので、そのためにはお客様のご協力が必要不可欠となります。

 

 

最後に、人はお金が絡むと人は正常な判断ができなくなります。

 

普段は高いはずの数万円が総額の桁が違うために安く感じたり

逆に

数千万円のうちの数万円だからと逆にお金がかかるものに対してお金をかけないでやってほしいとなったり

必要なお金を惜しんだことで後で問題になったり

など

 

なんだかんだで「どちらにとっても」お金は大事です。

 

闇雲にお金をかけすぎず、しかし必要な部分、こだわりたい部分にはお金をかけて、理想…ではなく、家族が幸せに暮らせるマイホームづくりを一緒にやっていけたらと思います。

 

高級な設備が欲しいのか、快適な暮らしが欲しいのか

 

です。

 

 

それではメリークリスマス!

 

 


今回はこちらの記事を引用、参考、要約させていただきました。

(引用元サイトの「著作権について」を確認して、準拠したものにしていると思います)

IEsaku様

https://iesaku.com/custom-home-floor-plan-failures


 

 


 

「月々3万円」で納得品質の家が建つ!佐賀の新築一戸建て【ホームサポート】
1円でも無駄をカットする独自の施工管理により最高のコスパを実現。
各分野の専門スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます!

 

 


 

TOP